ストレス 白髪

ストレスで白髪になるのは本当

ストレスは血行不良で白髪を引き起こす

 20代で若白髪。進行を止めることはできる?でもお話ししましたが、ストレスは白髪を増やす大きな原因のひとつでもあります。
 もちろん、20代だけではなく、30代、40代でもストレスが白髪に影響を与えることは変わりありません。
 老化による白髪にストレスが追い打ちをかけないように、上手にケアする方法を考えてみましょう。

 

 そもそも、ストレスを感じるとなぜ、白髪が生えてくるのでしょうか。
 私たちの体はストレスを感じると、交換神経と副交換神経のバランスが崩れます。このような状態が続くと、私たちの体のいろいろな機能を司っている自律神経に乱れが生じます。強いストレスにさらされ続けている人が自律神経失調症になるのはこのような理由があるのです。

 

 ストレスを感じ、自律神経が乱れると、全身の血行が滞ります。ストレスを感じると頭痛や肩コリを訴える人が多いのは、この血行不良が原因であることが多いのです。血行が滞ると、食事から摂った栄養が全身に行きわたらなくなってしまいます。
 このことで、髪に色をつけているメラニン色素がうまく作られなくなり、白髪が増えると言われているのです。

 

白髪姿の自分自身がストレスになることも

 ストレスによる一時的な白髪はストレスの原因となっている問題が解決すれば、改善させられることがほとんどです。
 「この時期を過ぎればラクになる」というようにストレスが一過性のものであるなら、白髪染めを使用しながら様子を見るのもひとつの方法です。

 

 老化による白髪はストレスにさらされることでさらに増えてしまうことがあります。
 生きて行く以上、ストレスを完全になくすことはできませんが、ストレスを上手に解消する方法を身につけることはできるはずです。
 上手に気分転換しながら、ストレスをかわす方法を見つけてみましょう。

 

 鏡に映った白髪だらけの自分を見るだけでストレス…という方は、思い切って白髪染めを使ってみましょう。
 カラートリートメントタイプなら、髪もツヤツヤになって気分もあがります。

 

 また、ウォーキングや筋トレなど適度な運動を習慣にして、全身の血行を改善するのも効果的です。
 夜はゆっくりと湯船につかって温まり、できる限り成長ホルモンの分泌がさかんになる10時から2時までの時間にベッドに入るようにしましょう。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

20代で若白髪。進行を止めることはできる?
遺伝的な白髪は改善が難しいとされていますが、それでも、30代以下で急激に白髪が増えるという時はなんらかの理由が考えられます。
白髪をキレイに見える髪型は?
白髪の場合、毛先が細くなっていることが多いので、アップにしてまとめて毛先を見せないようにするのもよいですね。
白髪防止や減らすのにつながる食べ物は?
残念ながら、確実に白髪防止や白髪を黒くなる食べ物はありませんが、白髪を防止してくれる効果が期待できると言われている食品があります。そのひとつが黒ゴマです。
ホーム RSS購読 サイトマップ