白髪をキレイに見える髪型は?

白髪をキレイに見える髪型は?

白髪をキレイに見せる髪型は?

 電車の中などで、白髪を染めずにキレイなヘアスタイルをキープしている人を見て、感心させられたことはありませんか?
 女性の中には白髪を染めない派の人もいます。髪や頭皮が傷むから、年をかさねることを自然に受け入れたいから、染めるのが面倒だから…いろいろな理由があると思います。ここで白髪をキレイに見せる髪型について考えてみましょう。

 

 グレーの髪色を楽しんでいるオシャレな人はボブやショートスタイルにして、こまめに美容院に通ってカットやトリートメントをしている方がほとんど。ロングの場合、毛先をカールさせるなどして、全体的に華やかな印象に仕上げると白髪が多くてもエレガントに見えます。
 白髪の場合、毛先が細くなっていることが多いので、アップにしてまとめて毛先を見せないようにするのもよいでしょう。美容院で「白髪を染めたくないのだけど、似合う髪形はありますか?」と相談してみるのもひとつの方法です。

 

手入れが面倒だと思う人ほど毛染めを

 白髪はきちんと手入れをしていないとだらしなく、時には不衛生に見えてしまいます。面倒だから染めない…というのは女性としてNG。
 いくつになっても、女であることを捨ててはいけません。白髪を上品に見せるために手間をかけるよりも、白髪染めを使ったほうがずっとラクできるはずです。
 忙しい時にも便利な、お風呂の中で手軽にできるカラートリートメントで染めてみてはどうでしょうか。

 

 また白髪をそのままにしておく場合、髪のお手入れだけではなく服装もきちんとしていないと、ぐんと老けた印象を与えてしまいます。
 手抜きをしていると思われないようにするのがポイント。染めないと決めたら、毎日の服装にもこだわって、エレガントさを失わないようにしたいものです。

 

 また、30代後半など、白髪の生え始めは、それぞれの白髪が短く、まばらのでやはり染めた方がキレイに見えます。
 銀髪に憧れるという方も、ある程度、白髪が多くなる50代までは白髪染めをしたほうが自然に、そしてオシャレに見せることができます。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

20代で若白髪。進行を止めることはできる?
遺伝的な白髪は改善が難しいとされていますが、それでも、30代以下で急激に白髪が増えるという時はなんらかの理由が考えられます。
ストレスで白髪になるのは本当
ストレスを感じ、自律神経が乱れると、全身の血行が滞ります。このことで、髪に色をつけているメラニン色素がうまく作られなくなり、白髪が増えると言われているのです。
白髪防止や減らすのにつながる食べ物は?
残念ながら、確実に白髪防止や白髪を黒くなる食べ物はありませんが、白髪を防止してくれる効果が期待できると言われている食品があります。そのひとつが黒ゴマです。
ホーム RSS購読 サイトマップ