若く見える髪色

若く見える髪色って何色に染めればいい?

基本はパッチテストで確認するしかない

若く見える髪色は何色?

 

 せっかく白髪を染めるなら、すこしでも若々しく、キレイに見せてくれるカラーを選びたいもの。ドラッグストアの白髪染め売り場に行くと、いろいろなカラーが揃っていますが、若く見える髪色を選ぶなら、どんなカラーを選べばよいのでしょうか。

 

 若く見える色と言うと、やっぱり明るいブラウン!と思う方もいるかもしれませんが、30代後半になったら、少し落ち着きのあるエレガントな色を選びたいもの。
 若く見える色というよりも、その人に似合っている色と考えるといいかもしれません。メイクやワードローブの色と合わせる必要もあるでしょう。

 

 白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?のページでお話したように、同じ色を選んでも染まり具合は髪質によっても異なります。髪が硬くて多い人は赤みが出やすいのでレッド系のブラウンや明るい色が似合います。髪が細くてもともとの色があまり濃くないという方は、アッシュ系のブラウンがぴったりです。

 

肌の色や髪の太さを基準に選ぶのもアリ

色白の人は濃い目、色黒の人は明るめの髪が若く見える

 

 肌の色もチェックしてみましょう。色白の方はナチュラルブラックやグレー系のブラウン、ダークブラウンといったはっきりした色が似合うようです。
 これに対して、オークル系の肌色の方は濃すぎる色よりも中間色である明るめのブラウンやキャメルブラウンなどがぴったりです。

 

 また太く、硬い髪は細い髪よりも染まりにくいので、希望の色よりもワントーン明るい色を選ぶようにするのがよいでしょう。
 逆に髪が細い方は染まりやすい傾向があるので、ワントーン暗めの色を選ぶと染まった時にちょうどいい色になってくれます。
 最近は髪を傷めにくい、市販のカラートリートメントもカラーバリエーションが増えてきているので、あなたにぴったりのカラーを見つけてみてください。

 

 若々しいツヤのある髪をキープしたいなら、白髪染め後のケアもしっかり続けたいものです。永久染毛剤タイプの白髪染めなら、シャンプー後のトリートメントを欠かさないこと。
 カラートリートメントタイプなら、髪の傷みに応じて洗い流さないトリートメントをプラスするとよいでしょう。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?
トリートメントタイプは染まりにくいという評判もありますが、弱アルカリ性のものを使えば、色持ちをキープしつつ、肌への影響も抑えられます。色持ちにこだわりたいならムースタイプですが、好みが分かれるところです。
美容室と自宅で染めるのはどちらがお得
美容室は確実ですが、なんだかんだでお金がかかる。自宅で染めるのはけっこう難しい。本当にお得なのはどちらでしょう?
白髪を染めるベストなタイミングはいつ?
同窓会や友人との食事会など久しぶりに会う仲間に、ちょっと若く見られたい・・・。そんな時、何日前に染めるのがベストなの?ヘアカラートリートメントを使うタイミングについて
白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?
美容院で染めるとうまくいくのに、自宅でやるとなぜかうまくいかないという方のために、失敗しない染め方と、染まりにくい場合の注意点について
白髪染めの安全性はどこで見る?
コレって大丈夫?髪は傷まない?地肌はかゆくならない?肌が弱い人なら特に気になりますね。安全な白髪染めを選ぶときに見るポイントにチェックするポイントについて
ホーム RSS購読 サイトマップ