白髪を染めるベストなタイミングはいつ?

白髪を染めるベストなタイミングはいつ?

白髪を染めるベストなタイミングは?

 メイクや服装でどんなに若々しく装っても、白髪がチラホラあるようではオシャレも台無しになってしまいます。
 では同窓会や友達の集まりのようななイベントと控えているとしたら、どのくらい前に白髪染めをするのがベストでしょうか。

 

 当日、キレイな状態でイベントに臨みたい!という場合でも、前日に白髪染めをするのはNGです。まず、一般的な永久染毛剤は使用する48時間前にパッチテストを行わなければなりません。パッチテストをしてもトラブルが100%ないとは言い切れないので、永久染毛剤を使用する場合はイベントの1週間から10日程度前にするのがよいでしょう。

 

ヘアカラートリートメントなら直前でもOK。ただし染まり方が弱いので注意

 これに対し、頭皮や髪への影響が少ないカラートリートメントであれば、イベントの前日に使用してもOKです。
 しかし、カラートリートメントは1回で白髪が完全に染められるわけではないため、イベント当日に完全に白髪がない状態にしておきたいなら、10日くらい前から連続して使用するようにしましょう。
 使い始めは3日間、連続して使用し、そのあとは様子を見ながら使い続けます。

 

 実家が遠く、同窓会に出席するために泊りがけで出かける…という方も、カラートリートメントなら周りを汚す心配がないので外泊先で使用するのも安心です。

 

 注意したいのが、頭皮や耳、頬などにつかないようにすること、爪に入らないようにすることです。
 永久染毛剤はもちろん、カラートリートメントでも爪に入るとなかなか落ちないことがあります。
 爪先や耳に色がついていると白髪染めをしたということがバレてしまいます。イベント直前に使用するときは、必ず手袋をし、白髪染め用のリムーバーなども用意しておくとよいでしょう。

 

 

 学生の時の友人が久しぶりに集まる同窓会。仲の良かった女友達だけではなく、憧れていた男性や好きだった人に会えるかもしれない、ドキドキのイベントでもあります。女性は30代後半から40代くらいになると、それまでしてきたお手入れや生活環境によって、同じ年の女性でも見た目年齢にかなりバラつきが出てくるもの。同窓会に備えて、いつもより念入りにお肌の手入れやヘアケアをするという女性も多いと思います。そんな時も、白髪を染めるタイミングで失敗はしたくないですね。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?
トリートメントタイプは染まりにくいという評判もありますが、弱アルカリ性のものを使えば、色持ちをキープしつつ、肌への影響も抑えられます。色持ちにこだわりたいならムースタイプですが、好みが分かれるところです。
美容室と自宅で染めるのはどちらがお得
美容室は確実ですが、なんだかんだでお金がかかる。自宅で染めるのはけっこう難しい。本当にお得なのはどちらでしょう?
白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?
美容院で染めるとうまくいくのに、自宅でやるとなぜかうまくいかないという方のために、失敗しない染め方と、染まりにくい場合の注意点について
白髪染めの安全性はどこで見る?
コレって大丈夫?髪は傷まない?地肌はかゆくならない?肌が弱い人なら特に気になりますね。安全な白髪染めを選ぶときに見るポイントにチェックするポイントについて
若く見える髪色って何色に染めればいい?
若く見える色と言うと、やっぱり明るいブラウン!と思う方もいるかもしれませんが、肌の色や髪の太さによって人ぞれぞれ似合ってくる色は違ってきます。
ホーム RSS購読 サイトマップ