白髪染め 失敗

白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?

自宅で上手に染めルコツ

 美容院で白髪染めをする人の中には「自宅で白髪染めをすると上手に染められない」という人がいます。
 確かに美容院で染めると、ムラなくキレイに染めてもらえますよね。では自宅で白髪染めを失敗しやすいのはなぜなのでしょうか。

 

 まず、永久染毛剤であっても、カラートリートメントであっても白髪染めをするときには、きちんと髪をブロッキングしてから染めるようにしましょう。
 ブロッキングしていない髪に染毛剤やカラートリートメントを塗ろうとすると、どうしてもムラになってしまいます。白髪が多いところは特に塗りやすいように、髪を少なめに束にとり、多めに塗るようにしましょう。

 

 白髪の多い生え際やフェイスライン沿いの放置時間が長くなるように、白髪染めやカラートリートメントは髪の根元から塗り始めます。
 カラートリートメントなら根元にたっぷりとつけても頭皮を傷める心配がないので安心です。塗り終わったあとに、くしで全体をとかし直せば、色ムラが出にくくなります。

 

整髪料が残っていると染まらない

 またカラートリートメントは通常、シャンプー後の髪をタオルドライして使用するのが一般的ですが、よりしっかりと染めたい場合はシャンプー前の乾いた髪に使用するようにしましょう。
 この時、注意したいのが、整髪料などの使用状況です。
 油分を含むトリートメント剤やスタイリング剤がついている場合はカラートリートメントの色が入りにくくなってしまいます。
 特にオイルタイプの洗い流さないトリートメントは色がつきにくくなるため、使用している場合はシャンプーし、ドライヤーで乾かしてから使用するとよいでしょう。

 

染まりにくい髪質なら時間で調整を

 また髪質によっても染まり具合は変わってきます。
 もともとの髪の色が明るく、髪が柔らかく細いという方は白髪染めの色が入りやすい髪質です。
 これに対して、髪が太く、真っ黒でパーマがかかりにくいという髪質は色が定着しにくい傾向がありますので、放置時間を長くしてみましょう。
 ただし、メーカーが指定している放置時間よりも極端に長く放置するのは考えものです。
 何度か使用してみたけれど、うまく染められないという方はメーカーに問い合わせて最長でどのくらい放置しておけるか確認するようにしましょう。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?
トリートメントタイプは染まりにくいという評判もありますが、弱アルカリ性のものを使えば、色持ちをキープしつつ、肌への影響も抑えられます。色持ちにこだわりたいならムースタイプですが、好みが分かれるところです。
美容室と自宅で染めるのはどちらがお得
美容室は確実ですが、なんだかんだでお金がかかる。自宅で染めるのはけっこう難しい。本当にお得なのはどちらでしょう?
白髪を染めるベストなタイミングはいつ?
同窓会や友人との食事会など久しぶりに会う仲間に、ちょっと若く見られたい・・・。そんな時、何日前に染めるのがベストなの?ヘアカラートリートメントを使うタイミングについて
白髪染めの安全性はどこで見る?
コレって大丈夫?髪は傷まない?地肌はかゆくならない?肌が弱い人なら特に気になりますね。安全な白髪染めを選ぶときに見るポイントにチェックするポイントについて
若く見える髪色って何色に染めればいい?
若く見える色と言うと、やっぱり明るいブラウン!と思う方もいるかもしれませんが、肌の色や髪の太さによって人ぞれぞれ似合ってくる色は違ってきます。
ホーム RSS購読 サイトマップ