色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?

色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?

人気は微弱のアルカリ性トリートメント

自宅でできる髪を傷めない白髪染めにはクリーム状のカラートリートメントとムースタイプのものがあります。
 色落ちしない、色のもちの良さで選ぶなら、ムースタイプとトリートメント、どちらに軍配があがるのでしょうか。

 

 トップページでお話したように、色落ちしないタイプの白髪染めは髪を傷めやすくなっています。
 これに対し、トリートメントタイプは髪のキューティクルを壊さず、表面に色をコーティングしていくため、シャンプーする毎に徐々に色落ちしていきます。

 

 トリートメントタイプは髪に優しいものの、なかなか染まらない、すぐに色落ちしてしまうという声も多いようです。
 色落ちしにくく、髪に優しいタイプを選ぶなら、微アルカリ性のカラートリートメントが人気です。
 髪に優しい酸性タイプのものよりも色落ちしにくく、永久染毛剤のように髪を傷めることもありません。
 こうしたカラートリートメントを使用する前は色の入りをよくするために、髪の表面をコートするシリコンが含まれていないノンシリコンタイプのシャンプーを使用するとよいでしょう。

 

トコトン色持ち重視か、地肌もいたわりたいかが選択の分かれ目

 また最近ではムースタイプの白髪染めでも色落ちがしにくいものが増えてきています。
 なかでも過酸化水素水を配合していないタイプのものは脱色しないので、髪がパサパサになることがありません。
 天然由来のトリートメント成分や植物由来の着色成分をプラスするなどして、髪や頭皮への刺激を最小限に抑えているため、発色がよく色落ちしにくいのに、アルカリ剤入りの永久染毛剤に比べると格段に髪に優しい処方になっています。

 

 またトリートメントタイプはテクスチャーが柔らかく、こぼれて顔や床についたりしやすいため、使いづらく感じる方もいるかもしれません。
 泡タイプのものは液だれしにくいので、周りのものを汚さずにすむというメリットもあります。

 

 髪に良くない成分が入っているものは使いたくないという方や今まで白髪染めでかぶれたり、アレルギー反応を起こした事のある方はトリートメントタイプがオススメです。
 特にトラブルが起こったことがなく、色持ちを重視して選びたいというかたはムースタイプを使用してみてもいいのではないでしょうか。

 

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

美容室と自宅で染めるのはどちらがお得
美容室は確実ですが、なんだかんだでお金がかかる。自宅で染めるのはけっこう難しい。本当にお得なのはどちらでしょう?
白髪を染めるベストなタイミングはいつ?
同窓会や友人との食事会など久しぶりに会う仲間に、ちょっと若く見られたい・・・。そんな時、何日前に染めるのがベストなの?ヘアカラートリートメントを使うタイミングについて
白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?
美容院で染めるとうまくいくのに、自宅でやるとなぜかうまくいかないという方のために、失敗しない染め方と、染まりにくい場合の注意点について
白髪染めの安全性はどこで見る?
コレって大丈夫?髪は傷まない?地肌はかゆくならない?肌が弱い人なら特に気になりますね。安全な白髪染めを選ぶときに見るポイントにチェックするポイントについて
若く見える髪色って何色に染めればいい?
若く見える色と言うと、やっぱり明るいブラウン!と思う方もいるかもしれませんが、肌の色や髪の太さによって人ぞれぞれ似合ってくる色は違ってきます。
ホーム RSS購読 サイトマップ