白髪染め 安全

白髪染めの安全性はどこで見る?

基本はパッチテストで確認するしかない

 市販の白髪染めのなかには、使ったことが原因でアレルギーや皮ふトラブルを起こしてしまう人もいます。基本的に危ないものではありませんが、安全性をしっかりと見極めて選ぶようにしなければなりません。
 とにかく安全性の高い白髪染めを使用したいという場合、どんな点に注意すればよいでしょうか。

 

 トップページでお話したように、永久染毛剤は色持ちがいいものの、アルカリ剤と過酸化水素水を使用しているため、頭皮に刺激を与えやすいアイテムです。
 また酸化染料に配合されているジアミンは頭皮のただれや顔の腫れなどの症状を伴う、アレルギー症状を起こしやすい成分でもあります。

 

 花粉やハウスダストなどのアレルギーは事前に皮膚科でアレルギー検査をして確認することができますが、ジアミンアレルギーの検査に対応している皮膚科はほとんどありません。
 そのため、事前にパッチテストをすることで安全性を確認するしか方法はないのです。
 一度、ジアミンを含む白髪染めでアレルギー反応を起こしてしまったら、その人は二度とジアミン系の白髪染めは使用できません。
 白髪染めを選ぶときには成分表を確認し、○○ジアミンという表示がないか必ず確認するようにしましょう。

 

臭わない白髪染めは安心という誤解

 最近、ツンとくる臭いがない永久染毛剤も増えています。
 臭いがないからその分、髪や頭皮に優しいと誤解されがちですが、臭いが強く、揮発性の高いアンモニアを使用するよりもモノエタノールアミンなど頭皮に残りやすい成分を使用して臭いを抑えているものもあります。

 

 より安全性の高い白髪染めを使いたいという場合はやはり、カラートリートメントタイプを選ぶのが無難でしょう。最近のカラートリートメントの中にはクチナシや藍の葉など、染料にも天然成分を使用しているものがあります。染めムラがでないようにたっぷりと塗っても頭皮や髪に負担をかけないタイプがほとんどで、昆布エキスなどによって髪にツヤやコシをもたせることもできるので、髪が傷んでいる方でも安心して使用することができます。

人気の白髪染めトリートメント比較一覧ページへ

関連ページ

色落ちしないのはムースタイプとトリートメントどっち?
トリートメントタイプは染まりにくいという評判もありますが、弱アルカリ性のものを使えば、色持ちをキープしつつ、肌への影響も抑えられます。色持ちにこだわりたいならムースタイプですが、好みが分かれるところです。
美容室と自宅で染めるのはどちらがお得
美容室は確実ですが、なんだかんだでお金がかかる。自宅で染めるのはけっこう難しい。本当にお得なのはどちらでしょう?
白髪を染めるベストなタイミングはいつ?
同窓会や友人との食事会など久しぶりに会う仲間に、ちょっと若く見られたい・・・。そんな時、何日前に染めるのがベストなの?ヘアカラートリートメントを使うタイミングについて
白髪染めに失敗!染めムラが出るのはなぜ?
美容院で染めるとうまくいくのに、自宅でやるとなぜかうまくいかないという方のために、失敗しない染め方と、染まりにくい場合の注意点について
若く見える髪色って何色に染めればいい?
若く見える色と言うと、やっぱり明るいブラウン!と思う方もいるかもしれませんが、肌の色や髪の太さによって人ぞれぞれ似合ってくる色は違ってきます。
ホーム RSS購読 サイトマップ